酢の力で脂肪燃焼も!キャベツダイエットは授乳中でも健康的!

30代主婦です。去年の夏前に-2キロくらいの軽いダイエットを希望していたものの、一方で「お腹いっぱいご飯を食べたい」と言う欲求が打ち消せませんでした。

ダイエットに最適な食材であるキャベツをたくさん食べようと思ったのですが、千切りの生状態ではなかなか難しいので、ささっと塩煮にして酢をかけた所、非常に美味しくてカロリーの低いおかずになりました。

これを毎食どんぶり一杯分ほど食べて、他のおかずや白飯をぐっと減らしていたのですが、みるみるうちに痩せることに成功しました。1か月半で目標の-2キロに到達したのですが、後から調べてみたらお酢をたくさん摂取することで効果的に脂肪も燃焼できるので、楽に痩せることができるようなのです。知らずにやっていた自分がちょっと間抜けですが、野菜の好きな方にはおすすめのダイエット方法です。

またこのダイエットと並行して、プロテインを飲みながら運動をするプロテインダイエットもするとさらに効果的です。プロテインダイエットは授乳中でも安全に体型を維持できるというのが最大のメリットです。但し、どのプロテインを飲むかによって安全性が変わりますので注意が必要です。ジェシカズフォーミュラは妊娠中でも安全なので私のおすすめです。

酢キャベツなら、お腹いっぱい食べてもOK!

私はとにかく食べるのが大好きで、趣味と言ってもいいくらいです。脂っこいものではなく、野菜をたくさん食べるのが好きでもあるので、ここを利用して炭水化物部分を減らして野菜にシフトする…という食事管理のやり方が、私にはぴったりなのです。

カロリーは低いけれど、美味しく感じられるものを食べて満足する、という形でダイエットにまつわるストレスの蓄積をできるだけ減らしたいと思っていました。運動はウォーキング程度でちょこちょこしていたのですが、この運動での燃焼をキャベツにかかったお酢が効率的にサポートしてくれるのもあって、非常に『楽に』やせることができたのだと思います。他のものを食べて運動するよりも、工夫して効率よくするのは大きなポイントだと思います。

我慢しないダイエットは成功しやすい

もし、仮に食事制限の幅を広げたダイエットをしていたら、おそらく成功できていなかったと思います。唯一の趣味である食事を制限し、おやつもなくし、食べたいものを食べずに空腹をひたすら耐える…というのは、体型以上に精神的に大ダメージです。

食べることができずに、不機嫌なままで生活を送って家族に迷惑をかけ、そうして痩せた所で幸せになれるとは思えませんでした…。

他の人のダイエット成功談に比べれば、1か月で-2キロというのは大した数値ではないかもしれませんが、ゆるやかに穏やかに、心身ともにストレスをほとんどかけない健康的な状態で痩せることができたので、私としては大満足の結果です。体重の数値部分もありますが、それ以上に見かけが少々引き締まったのが一番うれしかったですね。

我慢はしない!ちょっとの工夫で穏やか健康ダイエット

まず、自分に「何かを禁止する」という趣旨のダイエットは、あまりよくないと思います。それを引き換えにしても絶対に手に入れたいボディラインや、何らかの数値があるのであれば話は別なのですが、やせた後にその状態をキープしていくためには、極端に食事内容を替えたり、量を軽減するのはリスクが多すぎると思います。

一方で、我慢をせずに穏やかに落とした体重は、元に戻りにくいですし、また食材のチカラを借りて利用しているだけなので、ほとんど労力やお金もかからず、その部分でも負担が少ないダイエット方法だと感じます。

体重も大切ですが、見た目はそれ以上に大切です。一気にげっそり痩せるよりも、ちまちまとした軽減を積み重ねて「ほっそりと」していく方向で、どうぞダイエットを穏やかに楽しんでみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA