0年 0月 の投稿一覧

簡単トマトスープダイエットでデトックス

トマトスープダイエットは野菜をベースにしたトマトスープを作り、その野菜の消化エネルギーが摂取エネルギーより上回るためどんなに食べても痩せることができるダイエットです。
食事はトマトスープを中心として沢山トマトスープを食べ、おなかがいっぱいになったら少し白米やおかずなどを食べるといったダイエット法です。
このダイエットの素晴らしいのは何といっても短期間で痩せることができるのです。
私の場合は1週間で約3キロから5キロほど痩せました。

続きを読む

ステップ台を使ったお手軽ダイエットで筋力の衰えもカバー

高さ10cmくらいの台を使って昇り降りする簡単なダイエットです。台は高い方が効き目があるように思えますが、15cm以上だと逆に筋肉がついてしまい足が太くなってしまいます。
初心者なら5cmでも大丈夫です。長く続けられる高さの方が無理せずに痩せる事が出来ます。
台はスポーツ専門店でも通販でも売っています。(ステップ台、もしくは昇降台+ダイエットと検索すれば出てきます)
使わなくなった雑誌の束を利用して自分で作ることも出来ますが、縄が緩んで怪我の恐れもあるのでなるべく市販のものを使った方が安全です。
簡単に痩せる事が出来ます。

妊娠中に動かなかったため衰えてしまった筋肉も復活できますね。

続きを読む

全身浴ダイエットで汗出して老廃物を排出しよう

私のモットーはとにかくお金をかけずに健康的に痩せることでした。自分の不摂生で太ってしまったのにお金を払って痩せるのは努力を怠っているためまた簡単に太ってしまうと思うからです。
私が選んだダイエット方法は隙間エクササイズと全身浴ダイエットです。とにかく空き時間を見つけてはエクササイズを毎日欠かさず行うこと、そして湯船に浸かるときは40度のお湯に首まで1時間浸かって汗を流すことを徹底しました。その結果半年で5キロ減を成功させました。

続きを読む

夜は青汁だけのダイエット栄養もしっかりサポート!

朝とお昼は、普通に御飯を食べました。
お菓子を食べたくなることも、もちろんあったので、そのときには、一日の中で一番太りにくいといわれている2時ころからお菓子を食べていました。

ダイエットで痩せるために、長続きするようなダイエットを目指しました。
一時的に、痩せられたとしても、それが持続しないとダイエット成功とはいえないと思いました。

朝昼は、しっかりと食べ、満足感を出し、夜だけを青汁で我慢して痩せるというダイエットを目的としました。

続きを読む

炭水化物ダイエットで授乳中でも健康志向の痩せ方が出来る

炭水化物ダイエットは、普段の食事生活の中で炭水化物を極力、控えて痩せる方法です。
食事メニューを考える事も非常に簡単で、最も簡単な入門方法なら、白米を食べないなどがあります。それを行う事によって、ダイエットとしての効果を発揮して痩せる事が出来るようになります。
炭水化物はエネルギーになりやすい成分ですので、それを抜く事によって、余分なエネルギーを体の中に溜めない。脂肪を減らしていく事が出来る簡単なダイエット方法です。

続きを読む

筋トレダイエットで授乳後の胸の垂れも予防しよう!

筋トレダイエットは、まずは痩せる目標値を設定します。目標は小分けに設定します。そして自分の現在の体力や筋力に合ったレベルで、尚且つどこをどう鍛えどの様な効果を得たいのかを調べメニューを組みます。メニューを組む際無理は禁物です。大切なのは継続する事であり、大きな負荷をかけることではありません。数字にとらわれ痩せる事に執着しないようにします。それから筋肉を付けるために必要な栄養素も意識しながら食事をとりました。ちなみに私は少食でしたのでプロテインやサプリ等を利用していました。筋トレダイエットで筋肉がつくことにより引き締まり、代謝も上がるので痩せてからも太りにくい体づくりをすることが出来ます。

私が使っていたのはファスタナというプロテインが配合されているダイエットスムージーです。このスムージーのおかげでかなり引き締まったのでおすすめです。ファスタナは授乳中でも飲んで大丈夫な成分で作られているし、飲んでいた時も私自身授乳中でした。ファスタナを飲んで筋トレをして良かったことは授乳が終わってからでも胸のたるみが最小限に抑えられたことです。同じ時期に出産をした友達とお風呂屋さんに行ったことがあるのですがその時にお互いの胸を触り会って、授乳中に筋トレをすることでこんなにも変わるのかと二人で愕然としたくらいです。もし授乳中でもダイエットをしたいと思っているのであればファスタナは本当におすすめです。

続きを読む

吸って吐いての有酸素・無酸素運動によるダイエットは授乳中に最適!

家の中に居ながらエクササイズして基礎代謝があがる運動です。
運動では、器具を使わずに体の体重を利用して運動します。
その時には体幹を使うので呼吸法も大切です。
呼吸法は、ダイエットの有酸素運動と無酸素運動に繋がります。
その為、エクササイズを続けることで上手く痩せるのです。
体重の負担運動を上手く取り入れて運動できるので体に負担が掛りません。
なので、マイペースに出来る運動です。
痩せる為に楽しく運動をしてダイエットに取り組めます。
運動としては、力を入れたいヵ所に集中して力を入れる時は、深く息を吸いながら力をいれます。
そうして、5秒息を止め息を吐きながら力を抜きます。
この運動をダイエットしたい所に集中して毎日やります。
その時に、全体を考えるのが大切です。

続きを読む